--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年07月19日 (金) | 編集 |
前回のドルショ準備中に
愛用のミシンがこんなことになってしまったので

13382935_1937534540_213large[1]

新しいミシンを買いました――(゚∀゚)――!!
職業用ですよ、奥さん!(゚∀゚)

買いに行ったとき、店主に↑の写真を見せたら
「あー、これはもう直らないね・・・」
と言われたのですが・・・。

この赤いミシンにはうささのの、
並々ならぬ愛情と執着が詰まっているので
修理してみることにしました。

修理といえば
うささの父は昔よく家電修理をしていまして
傍らでそれを食い入るように見ていたうささの。
はんだ付けしてるのも見てたけど
自分じゃやったことないんだよねー。



写真はありません(´・ω・`)

まず、ミシンのカバーを外して配線をチェック。
・・・配線が短すぎるので、部品を止めてあるカバー外して
配線を束ねてる封緘を切って作業しやすいようにします。

ここの黒い部品に輪っかがあって
導体(っていうの?)を巻いて、はんだで固めてあるようなんだけど

線が短くてそれはできそうにないので

本体側の配線の被覆を剥いて
部品側と導体にはんだを流し入れて合体→こてで熱して固めてみます。


くっついたようだ。


黒い部品を固定しようとしたら
隣の配線が当たってしまうので
はんだ付けしたところに絶縁テープ巻いてみたのだけど
これが正しい処置なのかどうかはわからないので
詳しい方いらしゃいましたら助言お願いします。


コンセントにつなげるとランプがついたので
たぶん使えると思います。
差込口にはテープを貼って抜けないようにしてみたけど
これからは職業用オンリーで、
赤いミシンはボタンホール専用かな。


最後に、

はんだごて一式、貸してくれたネコノスケ~
ありがとう、助かったよ(*´ω`*)


で、

ミシン屋さんには修理目的ではなく
ミシン購入目的で行きました。
ちゃんとしたミシン屋さんです。
店長さん面白いし(´∀`)













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。